テンセントの時価総額がFacebookを超す

静かに世界中に張り巡らされた戦略投資ネットワーク

Photo by Tencent

要点

テンセントの時価総額はフェイスブックを超し、その事実はロープロファイルを心がけてきた同社に対して、グローバル市場における巨大テクノロジー企業の地位を付与した。現状、貿易戦争の影響を受けていないように見えるが、今年冬の米大統領先以降誕生する民主党、共和党のどちらの大統領も、中国に対して手厳しい態度を取る公算は高く、それはテンセントが世界中に張り巡らした戦略的投資のネットワークに対してどのような態度を示すのかは注意をしていく必要があるだろう。

今年株価が45%上昇

オンラインゲームとWeChatの巨人テンセントの株価は4.5%急騰し、時価総額は5.2兆HKD(6700億米ドル)弱となり、Facebookの時価総額を抜いて6578億米ドルとなった。テンセントは今年、香港で約45%上昇し、投資家に1.6兆香港ドルの価値を加えた。

2週間前、電子商取引の巨人であるアリババは、Facebookを世界で6番目に価値のある企業に追いやった。アリババの時価総額は約6,774億ドル。

アメリカの技術とインターネット企業は、長い間世界のリーダーであり続けてきたが、デジタル決済や5G開発からオンラインゲームや電子商取引に至るまで、中国の技術革新と影響力の高まりは、ワシントンと北京の間で高まっている緊張の要因のひとつである。これは、テンセントが米国市場から検索エンジンユニットSogouをプライベート化するための買収提案をしたことを促した可能性がある。

テンセントのエコシステムは、ゲーム、ソーシャルネットワーキング、モバイル決済音楽ビデオ、クラウドなどで埋め尽くされている。同社のソーシャルメディア、メッセージング、モバイル決済アプリ「WeChat」の月間アクティブユーザー数は10億人を超えている。同社の株価は、中国政府によるゲーム承認の9ヶ月間の凍結に直面した2018年の悲惨な状況から、復活してきた。

ブルームバーグの億万長者ランキングによると、テンセントの創業者であるポニー・マーは、中国で最も裕福な人物であり、世界で20番目の富豪である。次いでアリババ創業者のジャック・マーが505億米ドルで世界第21位の富豪となっている。

投資家としてのテンセント

テンセントは本業が生む大量のキャッシュを惜しみなく内外企業への投資に振り向けている。同社の分散型の投資スタイルは、世界のデジタルエンタテインメント業界で静かに橋頭堡を築いている。

今年、テンセントは日本のゲーム開発会社2社に資本参加した。昨年は、約86億ドルを投資したフィンランドのゲーム開発会社Supercellの株式を取得した。また、「League of Legends」のアメリカのパブリッシャーであるRiot Gamesの株式を100%保有しており、過去10年間には、大ヒットゲーム「Fortnite」のオーナーであるEpicを含む、世界で最もホットなゲーム開発者の12社以上に出資してきた。中国のテクノロジー企業をレポートしているTechnodeによると、この間、同社は特にアメリカでフィンテックや人工知能の領域に140以上の投資を行ってきた。テスラ、Uber、Snapchat、Spotifyなどの有名企業に出資し、フリップカートやGojek、Sea Group等のインドやその他のアジアのデジタル・パイオニアのために小切手帳を開いている。

同社の目利きはかなりのものだ。『Hurun Global Unicorn List 2019』によると、このリポートが発出された昨年10月時点で、テンセントは46社のユニコーンの投資家だ。テンセントよりも早い段階の多数のスタートアップに投資するセコイアキャピタルの92社とともに、10兆円規模のビジョンファンドで未上場企業に投資したソフトバンクの42社を上回っている。

テンセントはHuaweiやTikTokのような他の中国系企業とは異なり、政治的な反発に直面することはほとんどない。テンセントの国際的なゲームへの独自のアプローチが、その理由を説明している。

最近まで、テンセントの海外でのゲーム関連の買収は、戦略的なマスタープランの一部というよりも、バラバラの賭けのように見えていたため、目立たなかった。なぜなら、テンセントの主眼は常に中国にあり、12億人のユーザーを持つチャットサービスからスーパーアプリへと生まれ変わったWeChatは、ゲーム、音楽やビデオなどのストリーミングサービス、デジタル決済、ビジネスサービスのトラフィックを牽引し、大量の広告を生み出しているからだ。

ゲームは長い間、テンセントの最大のキャッシュジェネレーターとなってきた。テンセントがビジネス市場やフィンテックに多角化しているため、収益のシェアは低下しているが、その高い収益性は、デジタルリバイアサンの車輪を維持するために不可欠なものであることに変わりない。テンセントは、中国のゲーム市場330億ドルの半分以上を支配しており、中国が世界をリードするスマートフォンでのゲームの開拓に貢献してきた。同社の現金を受け取る海外のゲーム会社にとっては、テンセントと提携して中国にゲームを持ち込むことが大きな魅力の一つとなっている。

第1四半期の急成長にもかかわらず、中国市場のゲーム成長は数年前のような目をみはるペースではなくなっている。同時に国家の干渉が厳しくなってきた。2018〜19年のゲーム業界は、習近平国家主席によるオンライン中毒、血、虐殺、女性の胸(女性アバターがどれだけの肌を見せることができるかにはルールがある)などの取り締まりによって、減速が決定づけられた。

テンセントは海外からのゲーム収入を増やす意思決定をしたようであり、そのためには、世界市場向けのモバイルゲームを作るために株式を保有している海外企業とのパートナーシップを構築する必要がある、ということになった。昨年、同社のスタジオの1つは、Activision BlizzardのPCとコンソールの大ヒット作『コール オブ デューティ』のモバイル版を開発した。これは、モバイルゲームとしては過去最大のローンチとなった。今年はRiotと協力して、史上最も人気のあるデスクトップゲーム『League of Legends』のスマートフォン版を発売している。

もしそうなれば、ゲームが誰にとっても戦略的な脅威ではないとしても、テンセントの知名度が高くなれば、地政学的な非難のリスクが大きくなるかもしれない。しかし、テンセントは、投資した企業が自主性を持って行動し、お互い(とテンセント自身)と激しく競争するための自由を与えていることで、他の多くの中国企業とは一線を画している。これまでのところ、そのグローバルなゲーム投資は、他の中国の大手企業が直面しているアメリカの当局からの精査を免れている。

「新しいインフラ」への投資

北京では「ニューインフラストラクチャー」(新しいインフラ)という用語が盛んに飛び交っており、最近の米中摩擦の激化はその機運を加速させている。テンセントは次の5年にわたり5000億元(約700億ドル)を投資することを明らかにしている。

テンセントの任宇昕COOは7月9日、上海で開催された2020年世界人工知能会議(WAIC)における講演の中で「私たちの見解では、『新しいインフラ』は新世代の若者の知性と才能を刺激し、産業インターネットは『デジタルネイティブ』に夢の舞台をもたらす運命にある」と語っている。

任宇昕テンセントCOO. Photo by Tencent AI lab.

人工知能(AI)は新しいインフラの中でも非常に重要なものだ。WAICの会期中にテンセントは、2020年度版のAIに関するホワイトペーパーを発表した。ChinAI Newsletterによると、要点は以下の通りだ。

  • ユビキタスAI。テンセント研究所長のSi Xiaoは、新しいインフラ構築において「ユビキタス」に優先順位を置いている。「新しいインフラ」という好ましい風に導かれて、人工知能技術はインターネットや電気などの基本的なサービス設備に徐々に変化していくだろう。「ユビキタス」のもう一つの含意は、より多様な利用シーンとより大きな対象者(採用分野)である。

  • 技術研究の方向性。a) MLでは、小サンプル学習の効率化&「オフライン強化学習」(探索をせずに固定バッチのデータから学習するRLアルゴリズム)の開発、b) コンピュータビジョンでは、敵対的攻撃に対する防御力強化&AIの悪用を抑制するためのディープフェイク認識・偽造検出技術の開発。

  • ディープシンセシスの章。この章では、ディープフェイクシンセシスと呼ばれるもののポジティブな応用に圧倒的に焦点を当てている。ディープヌードのような粗野なアプリケーションから、エンターテイメント、電子商取引、コンテンツ制作など、より創造的で革新的、社会的インパクトのあるアプリケーションへと進化していくストーリーが語られている。ディープフェイク合成の例としては、ALS患者の音声合成プログラムからインタラクティブなマーティン・ルーサー・キングの展示会まで触れている。

  • FEW(食料、エネルギー、環境)のためのAI。テンセントの農業AIプロジェクトの興味深い詳細と、実際にどのように効率を改善しているのか - ヨーロッパの大学(オランダ)との連携例も含まれています。これはテンセントにとってはやや優先度が高いようです。

  • 制度的セーフガード。マルチレベルのガバナンスシステムを確立することが重要であると主張しているが、厳しすぎて柔軟性に欠ける早急な規制には注意が必要であるとしている。テンセントは、厳格な規制を避けることについて、異例にも露骨な言い方をしているように見える。また、最先端の開発/実験のためのスペースを提供する中国の強力なパイロットゾーンのシステムも強調している。国際的な協力を求め、技術産業が現在の「テクノセントリック」モデルから「テクノヒューマニタリアン」な協力モデル(技術术术人文协作模式)に移行することを求めている。

ポッドキャストの質問募集

次回のPodcastはこのテーマで収録します。この内容に関しての質問を
@axion_zone にてDMで受け付けています。いただいた質問にはポッドキャストにてできるだけお答えしますので、些細なことからAxionに対する提案や個人的な質問まで、どんな内容でもお待ちしています。

Share